よくある質問

弊社に寄せられるよくあるご質問と回答を下記に掲載しております。
掲載されているもの以外にも、ご質問や疑問などがございましたら、弊社までお問い合わせください。

償却期間は何年かかりますか?

太陽光発電設備のみの償却でいえば8年前後です。
ただし、土地に応じて必要な外構工事、農地転用の手続き、メンテナンス費用、固定資産税などの税金も考えなければいけません。
詳しくはお問い合わせください

質問一覧へ戻る

パネルはどのくらいもつものなのですか?

1966年に長崎の尾上島灯台に設置された当時世界最大の太陽光パネルは現在でも使われております。
メーカーによって保証期間が違いますが、最大で25年の出力保証がついているくらいパネルは長持ちします。

質問一覧へ戻る

雑草は生えてきたらどうするの?

雑草が生えてパネルに影がかかると発電量に影響が出たり、故障の原因になります。
そうならないように防草シート、砕石敷工、グラウンドカバー工法など、状況と予算に合わせて対応いたします。

質問一覧へ戻る

農地でも太陽光発電パネルを設置できるの?

地目が田や畑のまま太陽光を設置する方法もございます(一時転用の許可)。
太陽光発電所のみでの土地利用であれば農地転用をして雑種地に地目変更する必要があります(地域によっては農業振興地域でも可)。
農地転用の煩わしい手続きまで一括請負しますので、お任せください。

質問一覧へ戻る

パネルが不要になり廃棄をしたいのですがどうすればいいのですか?

現在、パネルは一般産業廃棄物として扱われておりますが20年後はおそらくリサイクルやリユースが求められると思われます。架台部分は金属スクラップとして処分します。

質問一覧へ戻る

廃棄にはどのくらいの金額がかかりますか?

50kw程度のシステムで、パネルは15万~20万円程度です。架台部分は売れるのでかかりません。

質問一覧へ戻る

どんな工法で工事をしますか?

架台の基礎部分は3種類から選べます。 杭打ち基礎、スクリュー杭基礎、コンクリート基礎の3種類です。
どれも建築基準法を考えて設計・施工しますのでとても丈夫です。
表面にはどぶめっき、ZAMメッキなどの20年以上の 耐久性がある上質の架台です。
おすすめは環境に優しい杭打ち基礎工事で価格も一番優しくなっています

質問一覧へ戻る

お金は借りれますか?

必ず借りれるわけではありませんが、太陽光発電システムの導入の際には優遇制度があります。 資金面でもご協力できますのでご相談ください。

質問一覧へ戻る

会社は大丈夫ですか?

当社は2013年8月設立と創業したてです。何があるかわからないこの世の中で100%はありません。10年後は残念な結果になっている可能性は0とは言いません。
しかしそれはどの企業にも言えることです。 当社の強みは事務所は小さく、志はおおきく。従業員も少数精鋭で本当にやる気のある優秀な人材しかおりません。
1年間売り上げがなくても経営していける経営をしております。 人材とは人財であり、人とは会社にとって財産です。そんな大きな財産が日本太陽光発電㈱にはすでにあります。
是非当社の顧客になっていただき、たくさんのお客様を紹介していただけるような施工、運営をして参ります。

質問一覧へ戻る

 

お問い合わせフォーム

土地分譲

スタッフ紹介

よくある質問

愛知県 / 一宮市、稲沢市、江南市、小牧市、あま市、春日井市、瀬戸市、豊田市、犬山市、岡崎市、豊川市、新城市、西尾市、その他
岐阜県 / 羽島市、岐阜市、各務原市、中津川市、関市、海津市、多治見市、土岐市、郡上市、山県市、その他
三重県 / 桑名市、いなべ市、四日市市、津市、亀山市、松坂市、伊勢市、鳥羽市、名張市